こころに残る日本の旅 - 川奈ホテル(2015/2/4〜2/5)

2月4日(水曜日)。朝から快晴(*^。^*)


気持良くお客様をお迎えに羽田空港へ。


今回は岡山・神戸からご参加のお客様。いつも本当にありがとうございますと感謝・感謝の気持ちで待っていたところ・・・岡山便が予定より30分遅れで到着!無事にお客様と合流し食事場所へ出発!

料理の創意工夫、おもてなしに感動 日本料理・さ蔵

ここは町田市にある日本料理店。知り合いが紹介して下さったお店です。中のしつらえと言いお料理と言い申し分ないお店です。


今回、お店の定休日だったのですが・・・社長様がともて素晴らしい方で定休日でもお店を開けて下さるという事で悠々旅倶楽部のお客様の貸切でオープンして下さいました。


貸切営業でございますので店内に飾られている絵画・そして器などを特別に見せて下さり、皆様「おー」と感嘆の声を上げながらじっくり鑑賞されていました。

今回のお食事は特別メニュー「アンチェイジング」身体に優しい食材を使ったお料理です(*^。^*)


1品1品 盛り付けも美しく、本当に美味しかったです。この感動をどう言葉で表現したらいいのか・・・本当に素晴らしいお店ですので、是非機会がありましたら足を運んでいただきたいと思います。


の御造り鮪

椀物 里芋と人参自家製スープ

フィレステーキ

焚物 風呂炊き 鴨のそぼろ餡

酢物 白魚 筍 きぬさや 小松菜 黄身酢

じゃこと蓮根雑炊

紫芋と林檎の羊羹

鮪・・・血液サラサラ、肝機能強化、血圧を下げる

里芋・・・胃の消化を助ける

牛肉・・・内臓免疫向上、貧血改善、味覚機能維持改善

蕪・・・五臓の働きを円滑にし気力を増す、解毒の作用

筍・・・解毒作用、食欲不振の解消、白魚・・骨粗鬆層の改善

蓮根・・・体内に発生する炎症の食い止め、血液の浄化

林檎・・・消化物の滞留を除き、喉の渇きを抑える


あの世紀のカップルの建物を探訪 旧白洲邸・武相荘

ここは、あの世紀のカップル白洲次郎さんと正子さんが晩年を過ごした「しつらえ」をそのまま公開しています。町田市の文化財に指定されています。白洲邸は小田急線鶴川駅の近くにあります。昔は茅葺の家が点在していたとか・・・今となっては茅葺の家はすっかり目にしなくなり商業施設が立ち並び、武相荘は当時の面影を識ることができる貴重なしつらえだと思います。


白洲邸の玄関前に冬の花「ぼけ(木爪)」がさりげなく飾られていて、来館されたお客様をホッさせる心遣いに心が和みました。展示品は冬の季節に合わせて朱のものが多く出ていました。次朗・正子夫妻が贈りあったユーモアある一品も展示されていました。

雄大な太平洋を望む名門リゾートホテル「川奈ホテル」へ

いよいよ川奈ホテルへ。川奈ホテルは雄大な太平洋を望む名門リゾートホテル。始まりは大倉財閥の別荘として建てられフジサンケイレディスクラシックが開催されるゴルフコースを有し、あのマリリンモンローも新婚旅行で宿泊!!!


足を一歩踏み入れると、重厚感溢れるロビー、革張りのソファー、そしてそこから広がる雄大な景色・・・雰囲気に圧倒されました(驚)簡単にホテルの方から歴史の説明がありました!


何とロビーの絨毯は1枚4500万だとか・・・お客様と何気なく立っていましたが、説明を聞いて思わず足が震えてしまいました(笑)


夕食はフランス料理のフルコース。


1品1品名門ということもあり、どれも美味しくいただきました。

また、温浴施設(温泉)が近年オープン!宿泊のお客様のみご利用いただける温泉施設。


大浴場・露天風呂共に広く、私が入浴した時は夜だったので景色を見ることはできませんでしたが波音が心地よく聞こえ、リラックスできました。温泉も身体に優しく、何と言っても、広々としているだけでなく清潔感溢れ、ドリンクサービスもあり至れり尽くせりの施設でした。大・大・大・大満足でした。

朝からニュースが天候の事で騒がしく・・・関東に雪の警報が出ており・・・お客様の帰りの飛行機が飛ぶか飛ばないか・・・の中での出発となりました。

うつくしいグラスと感動の音色に囲まれた伊豆高原ステンドグラス美術館

強い雨の中での出発となりましたが・・・。


ここ伊豆高原ステンドグラスはとても素敵な場所で、館内至るところにステンドグラスが飾られていて、それはそれは素敵な場所です。


ここも実は悠々旅倶楽部のお客様が来るということで通常10時オープンのところ9時30分に開けて下さり、到着後、美術館に併設する教会でパイプオルガンの演奏を特別に聴きました。


演目はアメージンググレイスや、花は咲く♪♪♪など・・・お客様も私もパイプオルガンの演奏にジーンときてしまい、本当に心から感動できたひとときでした。その後はアンティークオルゴールの演奏を聴きました。


優しい音色で本当に素敵でした。また、美術館のはからいで、お客様にプレゼントまで用意して下さり本当に本当に終始感動できました。

熱海三大別荘のひとつ、起雲閣へ

ここは「熱海三大別荘のひとつ」


実は・・・お客様の帰路便の欠航が決まり・・・。


飛行機をキャンセル、JRに切り替えに決定した為、新幹線の時間に合わせるべく行程を短くしながら運行する事に!!!ここの起雲閣は3,000坪もあり、見応えある建物なので当初60分の予定を30分に変更。悠々旅倶楽部がはじまって以来の駆け足で巡る見学に!!!私もお客様も息を切らせながら見学(笑)

ヴィラ・デル・ソル(海のオーベルジュ星野リゾート界 熱海別館)

海に面した伝統のルネサンス建築。紀伊・徳川家 第15代当主・徳川頼倫が創設した施設図書館「南葵文庫」文庫閉館後、2度の移築を経て熱海に。重厚感溢れる門構えをぬけると別世界が広がっていました。


一昔前にタイムスリップしたような落着きある空間が広がっていました。係員の方から歴史の説明があり、皆様真剣に聴いておりました。ダイニングは悠々旅倶楽部のお客様の貸切でスタッフの方も特別出勤して下

さり、特別なおもてなしに皆様感動されているようでした。


私は・・・


JRの切符を購入するべく最初の前菜だけ味わい熱海駅へ。お料理はともて美味しかったそうです・・・私も・・・食べたかったです・・・(涙)(涙)(涙)

飛行機が悪天候の為、欠航となりお客様は急遽、熱海駅から新幹線で帰路へ。いろいろな事がありましたのでお客様とホームでお別れする時はジ~ンと来ました。


この度も、新聞旅行社のスタッフ様はじめ、当社乗務員(出縄運転士、バスガイド岩崎)、そしてお客様お1人様お1人様のご協力のおかげで無事に終えることができました。


本当にご参加いただきましてありがとうございます。また悠々旅倶楽部で皆様方にお会いしたいと思います。



神田交通株式会社

運転士:出縄 鉄二

バスガイド:岩﨑 亜沙美

添乗員:熊沢 郁美

お問い合わせ
メゾン・ド・アッシュ×エム
イルマーレ
ページの先頭へ
プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright © KANDAKOTSU. All Rights Reserved.