日本最古のクラシックホテル 日光金谷ホテルで特別なひとときを・・・(商品造成約1年)

ラフプラン造り(3ヵ月)

インターネットが普及し、お客様が様々な情報を得られる時代になりました。私たちは商品造成をするにあたり、どうしたらお客様に喜んでいただけるのか?を常に考え商品を組み立てています。

納得いくまで繰り返し下見をします(6ヵ月)

現地下見は商品造成するにあたり、とても大事な作業のひとつと考えております。インターネットの情報でも知り得ない情報が現場にはたくさんあるからです。

 

日光金谷ホテルの商品は4回往訪し、担当者と「どうしたら特別感の出せる商品になるのか・・・?」話合いに話合いを重ね商品を造成しました。他社が手掛けていないようなプラン=特別感を出す為に考えたのが。

 

  1. 現在では使用していない日光金谷ホテルで最初に使われたダイニングでのランチ
  2. 歴史が至るところに感じられる館内をスペシャリストのエスコートで巡る歴史ツアー(普段、見られないお部屋を特別に見学するひとときも入れました)
  3. 夕食はフランス料理のフルコース、特別メニューとして、ヘレン・ケラーなど著名人が宿泊した当時のレシピをもとに再現したお料理を1品入れました
  4. ご参加いただいたお客様への感謝の想いを込めて、いつまでも手元に残る記念品をご用意。実は記念品を決めるのにもかなり時間をかけました。

 

その他、見学地も念入りに下見。バス駐車場からどれくらい歩くのか?歩く道のりは平坦か?急な階段があるところに手すりはあるのか?トイレなど設備のチェック等、お客様が道中安心してお過ごしいただけるよう、念入りに下調べをしました。

商品造成(3ヵ月)

最後の最後まで現地スタッフと打ち合わせをし、商品がようやく完成!

日本最古のクラシックホテル日光金谷ホテルで特別なひとときを(案内).pdf
PDFファイル 940.0 KB

募集発表。そして、ツアー出発前の最終チェックをするために再度現地へ!

再度、現地へ行き「お願い致します」とご挨拶を!最終の段取りの打ち合わせをし、お客様を迎える体制を万全に。また当社バス乗務員とも念入りな打ち合わせを。


行程の確認、どの道が1番景色を綺麗に見てもらえるのか?渋滞時はどのルートを通るのがベストか?車内で快適に過ごしていただく為にどのタイミングでお茶をお出しするのか?お客様の導線はどうするか?など、念入りに打ち合わせをしております。

帰着後・・・

当社乗務員と反省会。自分たちの業務を振り返り、今日よりも明日、明日よりも明後日・・・常により良いサービスを、もっと先を目指そうと日々奮闘しております(笑)。

お問い合わせ
メゾン・ド・アッシュ×エム
イルマーレ
ページの先頭へ
プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright © KANDAKOTSU. All Rights Reserved.