徳川家康御鎮座400年「久能山東照宮」参拝と徳川慶喜公屋敷跡・料亭「浮月楼」世界遺産「富士山」の絶景を望む日本平ホテル(商品造成約6ヵ月)

ラフプラン造り(3ヵ月)

宿泊場所は最初から日本平ホテルに決めていました。理由は、ホテルから望む「富士山」の眺めが素晴らしいからです。日本で1番富士山が綺麗に眺める事ができるホテル!!!


その絶景を皆様にご紹介したく宿泊場所は最初からこちらに決めていました。が、ホテルから望む景色の素晴らしさとお食事が美味しいことが口コミで広がり、シーズンになると予約をとる事が難しいホテルです。そこを何度もお願いし、団体でも宿泊可能な日をいだく事ができました。


次の課題は観光地と食事場所選び。特に食事場所を見つけるのに大苦戦!!!今年は徳川家康公が亡くなられて400年の節目の年。


それに因んだ観光地とお料理にしようと決めたのはいいものの・・・なかなか見つからず・・・。日本平ホテルの営業マンと何度も会い、いくつかの候補地をピックアップしました。

納得いくまで繰り返し下見をします(3ヵ月)

歌川広重が描いた浮世絵「東海道五十三次 丸子」の景色が残る丸子宿へ。国の名勝・史跡に指定されている吐月峰柴屋寺の枯山水の庭園を拝見!国の名勝・史跡にふさわしく歴史感じる素晴らしいところでした。

 

住職様とお会いし、お寺の由来、お庭の説明を聞きとても興味深いお話しでしたので、お客様にも住職より直々にお話しをしていただきたい旨をお伝えし、快く引き受けて下さいました。

 

また、丸子宿は「じねんじょ」を使った〝とろろ〞が有名で、お寺さんより奥の奥へ入ったところに立派な料亭を発見!!!歴史溢れる門構えに入るのに勇気が入りましたが、全てはお客様に喜んでいただけるように・・・お店に入り女将さんに旅行の主旨をお伝えし何とか受け入れて下さらないかお願いをしました。

 

聞くところによると、静岡に来られた要人の方もお忍びでとろろを食べにくるところだとか。女将さんのご理解ご協力のもとOKのお返事をいただくことができました。

もう1つの食事場所は明治維新後、徳川慶喜公が20余年を過ごした「屋敷跡料亭・浮月楼」こちらの担当者とはお料理決めに半日を要しました(笑)

 

静岡駅近くにあり交通の便が良い上に、有名な料亭になりますので、団体のお客様もお見えになる所でございます。何か特別感を出す為、普段はあまり使わない歴史ある建物「明輝館」でのお食事を指定し、また歴史のお話しをしていただけないかのお願い、そしてお料理は悠々旅倶楽部様のみいただける特別メニューを考えて下さらないか?のお願いを重ねてしました。

 

料理長と何度かやりとりをし、今回特別にグルメ家であった慶喜公が好んで召し上がった食材の数々を盛り込んだ「慶喜公御膳」を出していただく事がようやく決まりました。

商品造成(1ヵ月)

最後に現地スタッフと最終の打ち合わせをし、商品完成!!!

徳川家康・御鎮座400年「久能山東照宮」参拝と徳川慶喜公屋敷跡・料亭「浮月楼」世界遺産「富士山」の絶景を望む日本平ホテル2日間
日本平ホテル・東照宮.pdf
PDFファイル 2.3 MB

関連リンク

お問い合わせ
メゾン・ド・アッシュ×エム
イルマーレ
ページの先頭へ